FRBの動きから投資を考える

FRBの行動を軸にした投資の視点と実践

【外国株式商品】企業型確定拠出年金は個人型選択より手数料が少し高い。しかしそれでもやらないよりはマシだ。

確定拠出年金(401k)で外国株式商品を選ぶ場合、企業型は個人型より冴えない商品が多いと感じます。私が勤める会社は組織変更が何回かありまして、確定拠出年金のサービスを提供する会社が3回変わりました。金融機関は「みずほ」「第一生命」ともう1つはどこか忘れましたが、その3つです。私の経験では企業型の商品は手数料が少し高いです。ただそれでも企業型確定拠出年金は良い制度だと思います。

現在、第一生命で企業型確定拠出年金に入っている

私は現在、第一生命の企業型確定拠出年金でサービスを受けています。正確にいうと、私の勤める会社が第一生命を選んでいるということになります。

 

私が選択している投資商品は「DIAM 外国株式インデックス」です。これに100%割り当てています。「DIAM 外国株式インデックス」は海外株式に投資するインデックス型の商品です。アメリカが65%で残りはヨーロッパが多く、日本は含まれていません。ちなみに現在の第一生命で選べる海外株式の商品は、この「DIAM 外国株式インデックス」しかなく、海外株式を選ぶならこれしか選択肢はありません。

 

 

企業型は個人型より手数料が高めに設定されている

「DIAM 外国株式インデックス」の管理費用は「0.275%」となっています。

www.am-one.co.jp

 

しかし、個人型確定拠出年金ideco)の場合なら海外株式の商品として、

  • たわらノーロード 先進国株式(手数料0.10989%)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(手数料0.1023%)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド(手数料0.1102%)

 

などの商品があり、手数料0.275%より低いものがほとんどです。ですから確定拠出年金年金は企業型より個人型のほうがお得です。もし企業型に加入していないのであれば、個人型に加入すれば、企業型よりも手数料が安くてすみます。

 

site0.sbisec.co.jp

dc.rakuten-sec.co.jp

 

企業型確定拠出年金はなぜ高いのか

私は企業型確定拠出年金は3社目と書きましたが、ずっと海外株式の商品を選んできました。現在の第一生命の「DIAM 外国株式インデックス」の手数料0.275%は一番安い手数料で、他の金融会社のときはもう少し高かったです。

 

おそらくなのですが、企業型の手数料は個人型よりも高いです。高い理由として考えられるのは、

  • 個人型は価格競争が進んでいる、ネット証券のシェアが高いので安い
  • 企業型は「個人と企業」ではなく「企業と企業」の関係なので、価格だけでなく営業力にも左右される。または企業同士の関係性も?
  • ひょっとして金融機関から勤める会社にキックバックの可能性もある?

というところでしょうか。おそらく個人型が安い一番の理由は、価格の安いネット証券が個人消費者の身近にあることでしょう。反対に企業が確定拠出年金を選ぶ場合は、ネットでポチッというわけにはいかないでしょうから、ネームバリューのある企業を選ぶと思います。そうすれば比較的に高い手数料を払う結果になるということでしょう。

 

それでも企業型確定拠出年金は素晴らしい制度

ただし個人型より企業型確定拠出年金の手数料が高いからといって、企業型が悪い商品ばかり揃っている、搾取されている、やめたほうが良いということにはならないと思います。

 

というのも基本的に、

  • 老後資産を非課税で貯められる
  • 手数料が高くても0.2%など、影響はないとはいえないが、小さな数値
  • 途中で引き出せず、強制的に貯められる

 

というメリットがあるからです。一番のメリットは非課税ですが、非課税でないと約20%の税金が取られます。また手数料が高いとはいえ、ほんの0.2%程度の小さな数値です。例えば投資資金が2倍になるという大きなリターンの前には、0.2%の手数料はほんの小さな差です。株式投資で10年で2倍というのは、決してありえない話ではないです。

 

最後に、確定拠出年金のお金は60歳になるまで、途中で引き出せないことは隠れたメリットだと思います。というのも私はそうなのですが、途中で「やめた」と考える場合が多々あるからです。これが強制的にできないのは本当にメリットですwww。正直、ほとんどの人にとって最高の投資法は、買って何もせずに持っておくことです。ただし頭では分かっていても、実際にはこれができない。

 

私は企業型確定拠出年金に、自分の給料から最大限拠出できる範囲で手出ししています。個人型より少し手数料は高いですが、自分で手出しするメリットはあると思います。

 

関連記事

確定拠出年金の外国株式について解説しました。確定拠出年金制度を利用するなら、外国株式が良いと考えています。

masahiro-us-stock.hatenablog.com