スタークジェガンの投資ブログ

投資は長い時間をかけて大きくするもの。短時間で手に入ったものは短時間で失う。

【3月30日】運用状況⇒資産上昇

目次


VTIコアサテライト戦略の運用状況です。

1.株キャッシュ割合と保有銘柄・割合:株82.05%キャッシュ17.95%


株とキャッシュの割合です。現在株は82.05%、キャッシュは17.95%となっています。


保有銘柄と割合です。


VTI 27.66%
UNH 8.60%
RPRX 8.34%
SPXL 0.00%
VBK  4.98%
MSFT 5.59%
GOOGL 5.05%
AMD 6.99%
VISA 4.85%
BLK  5.48%
TFC  2.57%
オリックス 1.95%
現金 17.95%


先週からTFCを追加、SPXLを全売り、AMDを一部売却しました。


2.パフォーマンス:1週間+4.08%


3月29日終値時点でのS&P500と私のポートフォリオの比較です。S&P500は1週間で+2.66%、3月16日からは+6.29%です。私のポートフォリオは1週間で+4.08%、3月16日からは+8.44%でした。(私のポートフォリオは円評価、税評価すべて含んでいます)



私の保有銘柄の個別銘柄、ETFのパフォーマンスです。ベスト1位はAMDで+7.36%、2位はMSFTで3.73%、3位はブラックロックで3.53%でした。ワースト1位はロイヤリティファーマで−0.18%、2位はユナイテッド・ヘルスで+1.07%、3位はTFCで+1.42%でした。


なおベスト1位はSPXLですが、3月29日にすべて売却しましたのでカウントしていません。またワースト3位のTFCは週の途中で購入しています。


3.どんな動きだった?:とにかく強い


1週間の米国株の動きはかなり強い動きでした。それに連れ私の運用状況も良いものとなりました。ここ1週間で特に強気になる材料といえば、ウクライナ問題の停戦合意報道です。ただし停戦合意も29日の最後にでてきたニュースで他は特に強気材料になるものはなかったです。それでもここまで米国株は強いので、米国株が上昇したのは「強いから買われている」というシンプルな理由だと思います。


私のポートフォリオはS&P500を上回ることができました。現金比率がある程度あるなかで、このパフォーマンスは嬉しいです。やはりSPXLの暴騰が効きました。売ってしまいましたが+20%の利益を得ることができています。ただ保有割合は3%程度でした。あとはAMDの伸びも高く、良い結果となりました。AMD保有比率が約7%あります。


4.S&P500のチャート:50日200日移動平均線を上回る
Investing.comより参照


強い動きです。テクニカル的に50日移動平均線、200日移動平均線を超えたとかありますが、とにかく強い動きです。とりあえずこの動きについていったほうが良いです。下がる可能性もありますが、とりあえずホールドです。


5.株式市場はどういう状況でどう行動すれば良いのか?


今は非常に強い状況です。ですから基本はホールド。ですが今から入るのはどうかなと考えています。私の場合はすでに80%以上が株なので、買うとしても押し目がきたら買うと思います。ただ無理してインする必要はないと考えています。


一方でSPXLとAMDを売りましたが、これはリスク管理のためです。S&P500などを下落すると見込んでいるわけではなく、SPXLは十分に上昇してくれたので、あとは下落するリスクを考えて売りました。超攻撃型の商品は縮小したという話です。


また銀行のTFCを買いましたが、これは現在の金利が高いこととチャート的に行けそうな気がして買いました。


今後ですが、とりあえず現在のポートフォリオのまま過ごします。現在狙っている銘柄は「小型株グロースETF」「小型株ブル3倍」「SPXL」「VTI」です。小型株ブル3倍は押し目を待たずにインするかもしれませんが、他の3つは押し目がきたら考えます。