【ハイパーグロース銘柄の動き】S&P500は+0.40%もハイグロはまちまち。ARKK−1.97%、ZOOM−0.98%、CRWD+4.69%、COIN+5.47%、MQ−9.8%。

 7月5〜9日までのハイパーグロース銘柄の動き。主要指数ですがS&P500は+0.40%、NYダウは+0.24%、ナスダックは+0.43%でした。株価に調整が入るかもしれないという時期でしたが、主要指数は金曜日に盛り返しプラスで引けました。ハイグロ銘柄は銘柄ごとにまちまちの動きでした。ハイグロ銘柄の多いARKKは−1.97%、ZOOMは−0.98%、RPRXは−1.11%、CRWDは+4.69%、テスラは−3.23%、DOCUは+3.30%、NCNOは+6.43%、DRVNは−5.11%、COINは+5.47%、マルケタ(MQ)は−9.80%となりました。

ZOOM−0.98%、RPRX−1.11%、CRWD+4.69%、DOCU+3.30%、NCNO+6.43%

f:id:masahiro_e:20210710171904p:plain

 今回の記事に書く前にどうしても言いたいことは「CRWD、DOCU羨まし過ぎ!!」。ZOOMホルダーとしてはCRWD、DOCUの株価の上がりっぷりが羨ましすぎます。隣の芝生は青く見える、ですね、、、。ZOOMもCRWDやDOCUのように決算は良かったんですけどねー。CRWD、DOCUホルダーの方、流石です。

 今回のハイグロ銘柄の動きはマチマチでした。銘柄により強弱あります。弱い銘柄のトップはマルケタ(MQ)の−9.8%。約10%の下げはきついですね。ヤフーファイナンスを見る限り特にニュースはないです。しかしIPOしたての頃は株価の動きが荒い。IPO初期の頃は機関投資家もあまり入っていないようなので、値動きが荒くなる傾向にあるようです。あと気になるのはPSRの高さ。ヤフーファイナンスで見ると、MQのPSRは約40倍あります。高い水準なので株価が下落してもおかしくはないです。

 次にドリブンブランズ(DRVN)は−5.11%。こちらもヤフーファイナンスを見る限りニュースはありません。DRVNの株価の動きを見ていると、けっこうNYダウ系に連動しているなと思うことが多いです。要するにDRVNはリア充系(現実世界で動くホテルや観光)の銘柄と見られている可能性があります。DRVNの事業は自動車修理なので、実際、人々が外に出ないとサービスが発生しないものです。ある意味、SaaS系などのテック企業とは違う視点で見られている可能性があります。

 あと目立ったところで言えばテスラの−3.23%、テラドックの−3.45%、GDRXの−2.98%。GDRXは冴えませんね。GDRXは以前持っていたので気になります。

 次にプラスのハイグロ銘柄です。CRWD、DOCUは冒頭で書きました。今、SaaS系銘柄は波に乗っていますが、その代表格がこの2銘柄でしょうか。ZOOM、OKTAは少しもたつています。NCNOは+6.43%。特にニュースはありませんでしたが、NCNOの銀行へのクラウド事業は底堅いイメージがあります。

キャシー・ウッドのARKKは−1.97%。テスラが足を引っ張る。コインベースは+5.47%。

f:id:masahiro_e:20210710171843p:plain

 ハイパーグロース銘柄の多いARKK。今回は−1.97%とマイナスに沈みました。保有割合トップのテスラの−3.23%が尾を引きましたね。そういえば今回ARKKはテスラ株を購入し、ROKUを売却していますよね。ROKUの株価大幅上昇で一部売却、テスラを割安と判断し購入したのかもしれません。

 ARKK銘柄ではコインベースが+5.47%の上昇。キャシー・ウッドはビットコイン50万ドルの予想を立てています。キャシー・ウッドはテスラの株価大幅上昇を当てていますから、ビットコインの50万ドル予想は当たりそうで怖い。もしビットコインが50万ドルに行けば、当然コインベースの株価も大幅上昇でしょうか。第2のテスラはひょっとするとコインベースかもしれませんね。なぜならテスラも初期のころは「まさか」という感じでしたからね。常識的に実現不可能に見えるストーリーを達成することが、素晴らしいパフォーマンスに繋がるのかもしれません。

米国10年債利回りと株価ニュース

米国10年債利回りの記事
masahiro-us-stock.hatenablog.com

株価ニュースはこちら
www.bloomberg.co.jp

masahiro-us-stock.hatenablog.com

masahiro-us-stock.hatenablog.com