【米国】ISM非製造業景況指数の予想と結果のデータ

 米国のISM非製造業景況指数の予想と結果のデータです。ISM非製造業景況指数は米国の経済指標の中でも、とてもとても大事な指標。現にこの指標次第で株価や為替が大きく動くことがよくあります。ISMの指標は現場の購買担当者からアンケートを回収して集計しています。ですので経済のリアルの声が聞けます。また米国では製造業よりサービス業のほうがGDPに占める割合が高いです。ですのでISM製造業景況指数よりISM非製造業景況指数のほうが重要です。50を超えると景気が拡大していることを示唆します。

f:id:masahiro_e:20210708194647p:plain

f:id:masahiro_e:20210708194708p:plain

【米国】ISM製造業景況指数の予想と実績のデータ。 - まさひろのUSstock

2021年6月。予想を下回り、景気の鈍化が示唆される。

 2021年の6月は予想63.5に対し、結果60.1。予想を下回りました。この結果は景気が鈍化していることを示唆しています。注意したいのは鈍化であって、後退ではないこと。一時期の勢いはなくなったということです。ただし引き続き景気は拡大しています。

 この結果はFRBはの「インフレは一時的」という見方を裏付けます。景気の過熱はインフレを押し上げますが、ISM非製造業景況指数は先月より数値が悪い。過熱するほど景気は伸びていません。ですからインフレ圧力も一時的ではないかという見方ができます。ただし6月は鈍化しましたが、7月はどうなるのかわかりません。仮に7月が予想を上回ればインフレ圧力も再燃しますが、下回ればインフレ圧力は過去のものとなるかもしれません。