【ハイパーグロース銘柄1週間】明らかな流れが来る!S&P500−1.91%に対し、ARKK+2.39%、ZM+2.14%、DOCU+8.47%。

6月14〜18日までのハイパーグロース銘柄の動き。今週もハイグロの動きはよく、株式市場を大きくアウトパフォーマンスしました。特に18日金曜日は株式式場が大きくマイナスにもかかわらず、ハイグロ銘柄の多くはプラスで引けました。流れが来ています。代表的指数のS&P500−1.91%に対し、ARKK+2.39%、ZM+2.14%、DOCU+8.47%、CRWD+5.90%、Unity+5.6%、ZI+10.66%となっています。一方でドリブンブランズ−3.59%、C3Ai−2.26%とマイナスに沈んだ銘柄もあります。ちなみにNYダウ−3.45%、ナスダック−0.28%でした。

米国債利回りは1.4台が継続。ハイグロに追い風。

f:id:masahiro_e:20210620075213p:plain
 米国債利回りは1.443%と先週の1.454%に比べ低下しました。1.4%台に突入し低くなったなと考えていましたが、まだ1.4%台が継続しています。FOMC後、いったん1.5%台に戻す場面もありましたが、週末に1.4%に戻っています。このまま1.4%が定着するとハイグロへの資金流入が期待できます。

ハイパーグロース銘柄の多いARKKは+2.39%

f:id:masahiro_e:20210620075633p:plain
 ARKK+2.39%と大健闘。ARKKはETFながら、ここまでプラスを出せるのは凄いですね。特定のテーマに投資するのはマイナスも大きいですがプラスも大きいです。ただし年初来ではまだマイナスです。これはARKKの筆頭銘柄のテスラの不調によるもの。テスラは昨年株価が上昇し過ぎたので、まだアク抜けができていないようです。
 一方でARKK構成銘柄のショッピファイ。1週間で+17.63%でARKKの構成割合も上昇しています。凄い上昇。ショッピファイ、名前はよく聞くのですが、意外にホルダーの方は少ないのかなと思います。ホルダーの方、先見の明恐れ入ります。素晴らしいです。

ZM+2.14%、DOCU+8.47%、CRWD+5.90%、OKTA+5.69%、TDOC+0.96%、Unity+5.60%、ZI+10.66%、MQ−4.13%

f:id:masahiro_e:20210620074805p:plain
 ハイグロ銘柄は総じて上昇。ZMはしっかりと+2.13%。ただ贅沢ですが金曜日の+0.35%は上昇幅が少ないと感じました。CRWDとかOKTA、DOCUあたりと同じくらい上がってほしかった、、、。まあ贅沢な悩み。上昇が先に持ち越されたと考えます。
 DOCUは引き続き大幅上昇。年初来では+23.45%とハイグロ銘柄の中で一躍トップ。恥ずかしながら、まさかDOCUがなあという印象です。しかし広瀬さんの記事にありましたが、「経済活動が再開すると契約が増える≒DOCUのビジネス活用も増える」という意見には正当な論理だなと思いました。よく考えれば当然で、そこに目が行かないと駄目ですね。
 一方でOKTAが久しぶりに上昇。OKTAはCFO退任で株価がギクシャクしていましたが、ようやく復活したのかもしれません。逆にいえばハイグロに今からインするならOKTA美味しいかもしれません。
 Unity、ZIは大幅上昇。このあたりも業績はしっかりしていますからね。DOCUの例を見るのなら、経済再開で恩恵を受けるのはZIかもしれません。また今回からウォッチリストにいれたマルケタ(MQ)は−4.13%でした。私はこの銘柄を狙っているので、株価下落は大歓迎。IPO直後の株価の動きは、業績よりも需給の力関係のほうが株価に影響します。まともな倫理で動くとは考えづらいので、さがるところまで下げてくれれば嬉しいです。
diamond.jp

最後に。上昇後はいったん下落のパターンの多い。その後再び上げる。

 現在、ハイグロ銘柄は上げていますが、個人的な経験では、グワァーと一気に株価が上がると、いったん調整する可能性が高いと思います。そしてしばらくすると再び株価が上がり始める。今後、株価が下落しても売らないようにしっかりとホールドしておきたいです。むしろ次回の調整は最後の買いなのかもしれません。