スタークジェガンの投資ブログ

投資は長い時間をかけて大きくするもの。短時間で手に入ったものは短時間で失う。

【6月14~18日の経済指標】小売売上高、FOMC終了後のパウエル議長の発言など

f:id:masahiro_e:20210613101731p:plain
 今週の経済指標の発表です。小売売上高はインフレ懸念がどうなるのかを左右する指標になりそうです。もし予想以上に上昇すれば、「売れ行き好調=物価上昇圧力」。予想を下回れば現在の「インフレ圧力は一時的」という流れを支えそうです。
 さらに大事なのはFOMC。テーパリングの時期がいつになるのか、出口戦略はどうなるのかが焦点でしょう。まあ明確な時期をはっきりと答えることはないでしょうが、FRBのスタンスがどうなるのかでしょう。