コアサテライト戦略で運用してみた

時間を味方につける、焦らない。

【ソフトバンク】宮川新社長、200億円の自社株買い。長期的な自信の裏付けと見る。

ソフトバンクの宮川潤一新社長が200億円の自社株買いを発表しました。このニュースを初めて見たとき、「は???」となりました。というのも200億円って大きいですが、規模としては微妙な数字だなと思ったからです。ニュース記事もお茶を濁したような書き方、、、。しかし記事を見ると納得で、理由は宮川新社長が「個人」で株を買うから。「???」となった理由がわかりました。ただこのニュース、裏を返せば宮川新社長の自社に対する「長期的な自信の裏返し」と見ることができます。

自信が無ければ200億円は買わない

宮川社長が自社株買いをした動機は、

私個人として当社株式を保有することで、事業環境がいかに変化しようとも乗り越えていくという決意と、当社事業の成長を望む強い気持ちをステークホルダーの皆さまと共有したいと思っています。(ソフトバンク公式HPから引用)

とあります。決意と株主や取引先に対する懸念払拭という動機です。これは嘘ではないと思います。正直、歴戦の強者である宮川社長がくだらない嘘やはったりの理念を書く必要はないと思います。嘘でない。

そして200億円自社株買いの根底には、宮川社長のソフトバンクに対する自信が限りなく厚いことがあると思います。いくら決意があっても200億円の金です。200億円はソフトバンクから宮川社長に「融資」という形で行われます。

借金です。

宮川社長は200億円を借金で買うことになる。「やれる」という確信に近いものがなければ、これは相当難しいことだと思います。

宮川社長の自信に相乗りする

疑ってかかれば「宮川社長にとって200億円はたいした金額ではない」という見方もできますが、それでも200億円ですからね、、、。たいしたことないと思える金額かなと。

個人的には宮川社長の決意とその裏にある自信に相乗りします。米国の企業でCEOの自社株買いは一般的には好材料と受け止められます。株価は一瞬、上昇で反応します。その後はわかりませんが。

自社について一番分かっていると言っても過言ではないCEO、社長が自社の株を買うのは、それなり自信があるからだと思うんですよね。まあ米国の場合は株式市場に対するパフォーマンスの意味合いもありますが、ソフトバンクの宮川社長の場合は社長の自社株買いが一般的ではない日本の場合です。決意と自信が見て取れます。

実際、ソフトバンクの業績は伸びている

実際、ソフトバンクの業績は伸びています。

f:id:masahiro_e:20210411073545p:plain

これは会社四季報のサイトの表です。ソフトバンクは成長しています。将来の数値はのっていないのですが、アナリスト平均は将来も伸びる予想です。この数値をみると、素人目にもまだ伸びると考えるほうが自然です。実際、ソフトバンクは通信だけでなく、ラインやヤフーなど日本の有力デジタル企業が傘下にあります。デジタルの進歩を考えると、成長は必至です。宮川社長の自信の根底にも、この成長実績と成長を支える事業群があると思います。

 

関連記事

www.softbank.jp

masahiro-us-stock.hatenablog.com

masahiro-us-stock.hatenablog.com