【Paypal株価1週間】決算で株価爆発。下落トレンドを振り切る。ビットコインも追い風。

ペイパル(Paypal)の株価1週間です。ペイパルの株価の上昇の勢いが止まりません。2月4日引け後に決算発表し、翌日は窓を開けて高値を更新しました。

f:id:masahiro_e:20210210160336p:plain

ペイパル株は私も保有していますが、決算前の株価は冴えませんでした。225〜245ドルをフラフラしていたので若干心配していました。しかし決算後は力強い株価上昇で、さすがペイパルと強さを再確認。凄すぎるペイパル、私の想像の上をいった企業です。

決算絶好調

まずは決算確認。

営業収益61.2億ドル(前年同期比23%増)市場予想60.9億ドル

EPS1.08ドル(前年同期比29%増)市場予想1.00ドル

2021年第1四半期ガイダンス

営業収益+26%(市場予想+21.6%)

EPS+50%(市場予想+48.7%)

他の詳しい数値はペイパル公式発表の決算資料へ。

https://s1.q4cdn.com/633035571/files/doc_financials/2020/q4/Q4-FY-20-PayPal-Earnings-Release.pdf

みんかぶ発ペイパルの決算詳細ニュース。

fx.minkabu.jp

一言でいえばかなり素晴らしい決算だったwww。まあ株価の上昇をみれば証明されています。決済アプリ「VENMO」に便利な機能が追加される、さらにビットコインを購入、保管できるなど様々な機能が追加され、ただの決算サービスからさらに進化したサービスになっています。そして新機能は好調のようです。

コロナで世の中の進歩が一気に進み、デジタルが本格化。ペイパルのような非接触型決算サービスが伸びる状況になっています。

なにはともあれ株価は調子いい。ホールド一択。

色々と小難しい話はありますが、ペイパルのサービスはめちゃくちゃ好調です。それに連れ株価も上昇中です。これ以上言うことはないですよwww。今回の決算を受けてアナリストも目標株価を引き上げています。ペイパルは何も言わずにホールドです。

ビットコインも追い風

ペイパルはビットコインと関連付けられたニュースが多いです。ペイパルはビットコイン銘柄ではないと思いますが、ビットコインが人気になるとビットコインを取引できるペイパルは買われるのかなと考えます。ただ逆もあってビットコインが売られるとパイパルも売られる可能性があります。ただ今のビットコインの活況はペイパルに追い風です。もしこのままビットコイン人気が続くのなら、ペイパルにも追い風が吹き続けるかもしれません。 

 

twitterでブログで書いたVTIやグロース銘柄の記事の更新をお知らせしています。まさひろ🇯🇵🇺🇸VTI,米国債 (@FIaiIJJnQFuoAwb) | Twitter