スタークジェガンの投資ブログ

投資は長い時間をかけて大きくするもの。短時間で手に入ったものは短時間で失う。

【Unity1週間】株価下落150ドル→120ドル台。決算は悪くないが期待が高すぎたか?

unityの株価1週間です。unityの株価は150ドル台→120ドル 台へと下落しました。2月4日引け後に決算発表がありましたが、発表翌日に株価は下落しています。

f:id:masahiro_e:20210210105956p:plain

投資家の期待はもっと高かった

まずは決算確認。よち米国投資家アメリカ国旗 (ab dc)さんが決算を調べてくれています。ありがとうございます。

売上げ、EPS、ガイダンスは市場予想をすべて上回っています。それでも株価は下落。投資家はこの数値では満足しなかったということでしょうか。確かに売上げ前年比+39.4%は高いですが、他のIPO銘柄も出している数値です。unityだけが特別高いとうわけではないです。こんなニュース記事がありました。

Recent Hot IPO Unity Software Tumbles On Forecast For Slowing Sales(ホットなIPO銘柄、ユニティソフトウェアは売り上げ予測が伸び悩み)英語訳、ブログ管理人

ニュースの内容は「会社側のガイダンスでは2021年第1四半期+29%、2021年通期で+24%で低い。会社側は従来30%成長としてきた」というもの。少し成長率が落ちているんじゃないかという懸念ですね。

まだ見切りをつけるには早いと思っている

株価は下落しましたが、私はまだ保有しています。理由は市場予想は上回っていること。それにunityの有望な事業内容。それとまだ見切りをつけるには早いこと。まあまだ評価するには早いかなと思います。

一度、売るのもありかもしれませんが、短期的なタイミング売買に私は何回か失敗しているので、まだ成長期待のあるうちは保有しようと思います。

なんというか投資家のunityに対する期待がべらぼうに高かったのが、今回の下落の主因じゃないでしょうか。IPO後天井知らずの勢いで株価が上がっていましたが、あの上がり方なら前年比+40%くらいでは足りないのかもしれません。

これからunityの株価が下落して、適切なところに落ち着けばunityの成長率並に株価も上昇すると考えています。

 

関連記事:米国株全体の1週間記事。

masahiro-us-stock.hatenablog.com