スタークジェガンの投資ブログ

投資は長い時間をかけて大きくするもの。短時間で手に入ったものは短時間で失う。

【米国株1週間】大幅高。売らないで良かった。下手に動くと駄目な典型的パターン。

今週の株価は大幅高。

f:id:masahiro_e:20210207104117p:plain

S&P500+4.65%、NYダウ3.89%、ナスダック+6.01%。米国10年債利回りは1.169%と先週に比べ、9.19%高となりました(国債価格は下落)。株は買われ国債は売られる展開でした。

株価上がり過ぎだが嬉しいwww

株価が1週間で4%近く上昇するのは凄まじいです。年率換算ならどうなるんだろうと。あまり上がり過ぎるのはどうかと思いますが、とりあえず嬉しいwww。まあ上がるのは嬉しいですよね、自分のお金が増えるのだから。

上昇した理由としては、企業の決算が市場予想より良かったものが多かったという理由。確かにアップルやアマゾン、アルファベットなどテック企業は決算が良かったです。やはりコロナ需要があるのかなと感じました。S&P500に占めるアップルやアマゾンなどのいわゆる「GAFAM」の構成比率は高いので、これらの株価が上がるとS&P500も上昇しやすくなります。実際、ハイテク銘柄の多いナスダック上昇率はS&P500やNYダウを超えています。

やはり下手に動かないで正解だった

まあそれでも売ることはしないですね。売っても長い目で見れば大した違いはないですし、逆に色々やらないほうが儲かるのが個人投資家だと思います。いろいろなYouTuberさんがなんか言っていますが、彼らの利益と自分の利益は別物だということも考えないといけないです。視聴数を稼ぐための動画が我々の儲けにつながるのかは、しっかり吟味したほうが良いと思いますよ。

先週のブログ記事で上記のことを書きました。今回は本当に動かないで良かったです。こういう場合は慌てて動くと損をするパターンが多いので、、、。今までの失敗は伊達じゃないwww。

一番駄目なのは、先々週の金曜日(1月29日)に株価が大幅下落して、怖くなって月曜日(2月1日)に売却。そしたら株価が上昇したのでまた月曜日に購入(2月8日)というパターン。私は何回もやりましたね(涙)。

というのも株式投資で利益を得るには「株価が大きく上昇した時にその銘柄を保有していないと駄目」。で、上昇する時って短期間で上がるときがある。そのときに保有していないと駄目です。

市場平均を持ち続けるのが基本的に正解

今回の上昇で逆に怖いと思ったのは、ネットでの著名YouTuberなどのインフルエンサーの存在。これは本当に怖いと思いました。先々週の株価下落で「株価大暴落だ!」とか「〜〜株、売るときだ」とかそういうコンテンツが溢れていました。まあ私は経験だけはそれなりにあるので、「この人は視聴回数やPVが欲しいだけで、見ている人の利益は関係ない」と考えることができますが、そうじゃない人もいる。

株価が大幅高となったときに株を売れみたいなことをいって、それを信じた人はどうなるんだろうと思います。まあ投資は自己責任なのでしょうが、投資の経験がない人はこれで投資が嫌になるのだろうなと思います。

基本的に投資は「市場平均を持ち続ける」のが正解です。誰かの意見を参考にするとしても市場平均との比較は絶対にしたほうが良いです。 

関連記事:先週の記事です。

masahiro-us-stock.hatenablog.com