スタークジェガンの投資ブログ

投資は長い時間をかけて大きくするもの。短時間で手に入ったものは短時間で失う。

【ユニティ(Unity Software)】株価1週間(市場予測を添えて)。

じっちゃま注目銘柄であるUnitySoftwareの株価が気にって仕方がないまさひろです。ユニティの株価1週間を記事にしました。

株価は調整真っ只中

ユニティの株価は1/12に始値143ドル、1/19の終値が144.89ドルでした。1ヶ月前の12・21の始値が165.37ドル。ちょうど去年の12月23日が最高値でした。この状況を考えるとユニティの株価は現在調整中なことが分かります。(ちなみに私は144.89ドルでインしました)

f:id:masahiro_e:20210120122622p:plain

ユニティのIPO後からの株価チャートです。チャートからもユニティの株価が現在調整中だとわかります。

調整の理由ですが、ユニティに悪いニュースが出た情報はないので、IPO後株価が暴騰したことの警戒感や利益がでたホルダーが売っていることが考えられます。

ホールドOK?

チャートを見ていると「また下ってきてないか?」と思えなくもないです。MACDはクロスして上向きになる可能性はありますが、この2,3日の株価下落のチャートの形はこのまま下げ続ける可能性もあります。

しかしじっちゃまは「決算を見てからでも遅くない」といつも言われているので、とりあえず次回の決算は見たいです。次回決算日は2月4日(アメリカ時間)。

参考までに売上げ・EPSの市場予測を調べました。(1月20日時点)

U.Q420 Q420 市場予測
売上高   204.23
EPS   -0.14

売上げ204.23、EPSは−0.14です(YAHOOFINANCE調べ)。 
前回の2020年Q3は、

U.Q320 Q320 市場予測 チェック
売上高 200.8 186.9 OK!
EPS -0.09 -0.15 OK!

と市場予測を完璧に超えてきたので、今回も大丈夫ではないかと勝手に考えています。

まとめ

今のところ株価は調整中ですが決算が控えています。売るとしても決算を確認し終わって売るのが良いと思います。じっちゃまファンなので決算はとりあえず見たい。ユニティの株価下落に怯えつつも、ユニティの決算を待ちたいです。

 

 関連記事

masahiro-us-stock.hatenablog.com