【じっちゃまについていく理由】いい加減儲けさせてくれと藁にもすがる

じっちゃまについていく理由なのですが、一言でいうと「儲けさせてくれそうだから」です。2015年あたりから本格的に米国株投資をしていますが、あまり儲かっていません(5年間で+17%ほど)。もうそろそろいい加減儲けさせてくれよと、藁にもすがる気持ちでじっちゃまを信じています。

ZMやCRWDの衝撃パフォーマンス

ビデオ会議のZoom(ticker:zm)やサイバーセキュリティのCrowdStrike(ticker:crwd)の株価です。

f:id:masahiro_e:20210117120951p:plain

1年でzmは4倍、crwdは2.4倍

1年でzmは4倍(+408%)、crwdは2.4倍(+245%)になっています。この期間、米国株式市場の代表的指数のS&P500は13%の上昇。明らかにzmやcrwdのほうが上昇しています。また私はS&P500にも負ける高配当銘柄(AT&TIBM、MO、PMなど)に投資していましたから、さらにパフォーマンスが悪い。

ZMやCRWDのパフォーマンスは圧倒的です。高配当銘柄でほんの少し配当を貰っても、比べ物にならないほどの差があります。私はこのパフォーマンスを取りに行きたいと思いました。

ZMやCRWDはじっちゃまの紹介銘柄

いろいろ調べるうちにZMやCRWDはじっちゃまの紹介銘柄であることを知ります。現在もゲーム制作エンジンのユニティなどを紹介されています。要はこれから業績が上昇し続けるかもしれない良企業を紹介中です。じっちゃま紹介銘柄を見ていると、「明らかに良い企業じゃねえか」と自分でも思えてきますし、決算も前年比140%の売上とかとんでもない数値を出し続ける企業が多いです。

それまでの私はアメリカの通信企業AT&Tの売上げ前年比マイナス4%とか、タバコ銘柄のアルトリア(MO)の売上げ前年比+1%とかそういうレベルで見ていましたし、「配当金は持続しそうなのでOK」みたいな考えでした。今ではこんな考えはアホとしか思えません。

じっちゃま銘柄のうち、1つでも何倍にも膨れ上がる銘柄を掴めば、それだけで大きな利益をだせます。配当金がどうのこうのと、そんなことはもうどうでもいいです。じっちゃまがいつもいわれていますが、「決算決算決算」で市場予測を上回り続ける企業を掴みたいですね。

20年30年後に金持ちはどうなの?

これは私のワガママな想いかもしれませんが「20年30年後に金持ちってどうなの?」。「いや今、金持ちになりたいんだよ」と思っていますwww。よく「株式投資複利で儲かる」「配当再投資戦略には時間が必要」といいますが、今、目に見える成果が欲しい。複利複利でもZMなどの倍々ゲームの複利が欲しいですよね。「配当再投資で年に数%上昇して30年後には大きく上昇している」といいますが、そこまで我慢できなかったのが正直なところ。

私はサラリーマンをやっていますが、正直、安泰、生きていく上では。このままサラリーマンを続けていけば、金も貯まるし老後資金も心配していないです。正直、今のままいればまあまあ豊かな人生が送れると思います。

望むのは新しい人生。会社をやめ新しい仕事、新しい人生を歩みたい。それにはある程度の金が必要だと考えています。貧乏になってまで新しい人生を歩もうとは思いませんので、金を貯めて会社をやめたい。それでは配当再投資戦略では無理があると思った。

そのためにじっちゃまについていきたい。じっちゃまには実績がありますので、じっちゃま銘柄をよく研究して保有したいです。

 

関連記事:私のポートフォリオ主力のVTIに投資する理由です

masahiro-us-stock.hatenablog.com