保有銘柄は著名人に勧められるからではなく、自分が保有に値すると思うから。

納得しないと長期保有は難しい

保有する銘柄は自分が納得するものじゃないといけないと思います。

私はVTIをポートフォリオの中心に据えているのですが、中心となる銘柄は自分が納得いく銘柄じゃないと持つ続けることは難しいです。「なんかこの銘柄嫌だな〜」とか「本当は不安の種がある」とか「この銘柄を保有することに内心ビクビクしている」という考えだとすぐに売りたくなります。

 そういう不安な心境になる場合、銘柄の購入理由は「誰かが勧めたから買った」という場合がけっこうあります。誰かの勧めだから、自分では本心から納得していないんですよね。少しの金額ならいいですが大きな金額で勝負すると、ちょっとの株価下落で急に不安になって売ってしまう。そして勧めた人を責めるという自分勝手な行動をとってしまいます(ちなみにそういうことをやっていると一生勝てない)。

失敗からVTIへの投資に自信

私がVTIに投資するのは経験からくる学びです。一言で表すと「個別株で勝負しても勝てない」と思ったからです。それ以外にも理由はありますが、

【米国株投資】なぜVTIをメインに投資をするのか?理由は4つ。 - MasahiroのUSstock投資

過去の失敗がVTIを持つ強烈な理由になっています。ですので、VTIの調子が悪くても「個別銘柄に投資しているよりマシ」と思いますし、自分の中では「VTIならおそらく儲けることができる」と考えています。

 人気YouTuberや人気ブロガーがお勧めする銘柄は本当に良い銘柄なのかもしれません。その場合でも自分で調べて、自分が納得できたときに初めてお金を投資するのがいいと思います。お勧め銘柄も全てが当たるというわけではないので、自分で納得しているのなら撤退も承知できます。