米国株×日本株

米国株はインデックス、日本株は配当金投資

【じっちゃまの経歴】日本の建設業に就職しアメリカの投資業界を渡り歩く

米国株の伝道師、広瀬隆雄さんこと「じっちゃま」の経歴です。私はじっちゃまのコンテンツを見ていますが、詳しく経歴を聞いたことはなかったです。調べるとかつて公開されていたYou Tube楽天トウシルに記載がありました。

 

じっちゃまは慶応大学卒業後就職、その後、稼げる場所を求めてアメリカの投資業界に身を置かれています。じっちゃまのポリシーは「環境の良いところに身を置く」。それを実践するように日本、クウェート、ニューヨーク、サンフランシスコと環境を変えられています。アメリカでは30年投資業界に身を置かれていたとのこと。以下詳しい経歴を書きます。

 

基礎データ

生年:1959年生まれ

生誕地:広島県の海が見えるところ(瀬戸内海地方)・・・海の近くで生まれ育ったので海が好き。現在フロリダに住んでいるのも海が近いから。

 

現住所:アメリカ・フロリダ州の東、綺麗な海の見える住宅街に住んでおられます。マイアミなどの都会では無いとおっしゃっています。

 

配偶者:あり。奥様が日本に来ていたときに知り合い、ご結婚されたようです。子供は2人いてもう独立されいます。断片的な情報ですが長男は役者を志しており、次男はゲーマーであるとのこと。 

 

日本時代

中学高校時代は岐阜県大垣市、高校は大垣北高校。出身大学は慶應義塾大学法学部政治学科。法学部政治学科を選んだ理由は、当時、慶応大学の中で一番ランクが低く入りやすかったため。

 

大学4年間は遊んで過ごす。卒業後、青木建設に就職。就活を全然しなかったため、ゼミの先輩に引っ張っられる形で就職。ただ仕事が合わないと感じたため、一念奮起し英会話を勉強。転職します。

 

クウェート時代

プラント輸出のコンサル会社に転職、職種はアドミニストレーション。みんなの世話係らしきもの。1980年代中盤に原油価格が低迷し、プラント不況がくる。じっちゃまは「これからは金融かなあ」と思い証券会社に転職。

 

再び日本時代

三洋証券に入社。しかし三洋証券の巨大トレーディングルームに疑問を抱き転職。(ちなみに三洋証券はバブル崩壊後倒産します)

 

アメリカ時代

1988年:イギリスのSGウォーバーグ(今はUBS銀行に吸収されているかつての投資銀行)に入社。勤務地はニューヨークオフィス。これ以降アメリカに住む。

 

最初は日本の機関投資家アメリカ株を売る仕事をする。その後、新興国株の販売も行う。日本のバブルがはじけ、日本の機関投資家の力が弱まるにつれ、アメリカの機関投資家も担当するようになる。現在アメリカの株式TVで有名なジム・クレイマーの会社も担当していた。さらにグローバルな組織も担当するようになり、シンガポール投資庁(GIC)、ブルネイ投資庁、カナダの年金ファンドなどその他を担当。

 

1995年:インターネットが面白そうだとサンフランシスコにある「H&Q」という投資銀行に転職する(アップルやネットスケープなど数々のネット企業のIPOを手掛けた会社)。ここで来る日も来る日もドットコム株に明け暮れる日々を過ごす。その後H&QはJPモルガンと合併する。しかし2000年にITバブルが弾けたので、2003年にJPモルガンをクビになる。

 

その後友人のヘッジファンドに加わる。ヘッジファンドの立ち上げ方・運用などを学ぶ。次に友人がじっちゃまに金を預けたい人がいるといわれ、そこからヘッジファンドを始める。しかし当初は良かったものの、顧客との信頼関係がなくなり険悪なムードとなり資金を返却する。喧嘩別れとなる。

 

現在〜

ヘッジファンドをやめた後から現在まで。

 

ヘッジファンドをやめたが、投資顧問としての器は残っているので、しばらくはそこで自分の資金を運用したり、日本のネット証券にリサーチレポートを書いたりしていたとのこと。

 

現在のじっちゃま活動は説明せずとも、じっちゃまファンなら何をやっているのかわかると思いますが、大まかに説明すると

 

楽天証券など外部サイトへのレポート寄稿

②おむすびチャンネルでの配信

③noteでの記事配信

Twitterでの日々の情報発信

 

が主な活動です。

 

余談ですが、レポートの寄稿はかつてはSBI証券マネックス証券にも寄稿していました。またYouTube配信もしていましたが、現在You Tube配信は停止しています。

 

経歴をまとめての感想

じっちゃまの記事や言っていることに、過去の話やネットバブルの頃の話がたくさん出てきますが、じっちゃまの経歴を見ると納得できます。またこの経歴を書いて感じたのが、じっちゃまの行動力の凄さ。一念発起してからのクェート、アメリカまでの経歴がすごいですね。世界を飛び回る行動力が本当に凄い。それと同時にじっちゃまの言うように「環境の良いところに身を置く」ということの追求を、ご自身で実践されているなと感じました。

 

 

関連記事:じっちゃまがよく言及されるハイパーグロース銘柄について。masahiro-us-stock.hatenablog.com

 

じっちゃまおすすめのVTIを中心としたコアサテライト戦略。基本的に投資資金の半分をVTIで売らずに持っていれば投資は大丈夫だと思います。masahiro-us-stock.hatenablog.com

 

破壊的イノベーション「ARK INVEST」の創業者キャシー・ウッドの経歴をまとめました。ピカピカの金融エリートでした。

masahiro-us-stock.hatenablog.com