スタークジェガンの投資ブログ

投資は長い時間をかけて大きくするもの。短時間で手に入ったものは短時間で失う。

2020年5月29日の保有株状況。

f:id:masahiro_e:20200531201530p:plain

前回の保有株状況は5月11日でした。11日から29日の間に保有株の状況に変化がありました。ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガー率いるバークシャー・ハサウェイ(BRKB)株の購入です。割合は4.4%と高くないですが、株価成長に期待して購入しました。またBTIとPMを受取配当金で購入しました。他の保有銘柄に変化はありません。

 

☆株式市場の情勢

ここ数週間は株価が上昇傾向でした。その恩恵を受け、私の保有株も値を上げています。個人的には米国と中国の緊張状態がエスカレートし、貿易などどうなるのか気になっています。株価は上昇しているので、いまだ株式市場が織り込んでいないのか、中国の存在感はそこまで高くないのか、実際のところはわかりません。ただ混迷していても株価が上昇することはあるのだと思います。自分のやることは変わらず、個別銘柄の決算をみて判断していくしかないです。

 

☆保有株のファンダメンタルズ

 

※6月14日追記

エクソンモービルとバークシャー・ハサウェイを売却。エクソンモービルは配当金の持続性に疑問を抱いたため。2019年も配当性向が100%を少し超えていたが、2020年はかなり危ないと思う。2021年に向けて回復するかもしれないが運任せの要因が強い。任すには心もとない。バークシャー・ハサウェイは思ったほど業績を上げていないため。 バークシャーは大した業績を上げていないならば、余った現金を株主に分配するか、それが嫌ならば大規模な自社株買いをするべきだと思う。