VTIの動きチェック

【11月29〜12月3日】米国株式市場の状況とVTIの動き。株価急落継続、FRBのタカ派転向とオミクロンで市場は弱気相場。

目次 VTIと主要指数の動き:2週続けて2%の下落 VTIのチャート:50日移動平均線を下回る 主要指数の予想PER:S&P500 はまだ高いが、ラッセル2000は平均より低い 米国10年債利回りと、半年後1年後の金利予想:10年債利回り急低下、金利予想は2~3回を織り込む。…

【11月22〜26日】米国株式市場の状況とVTIの動き。急落、変異株の詳細が分かるまでは弱い相場が続くか。希望はパウエル発言。

目次 VTIと主要指数の動き:株価は大きく下落 VTIのチャート:50日移動平均線に向かって下落 主要指数の予想PER:下がるがまだ歴史的には高い 米国10年債利回りと、半年後1年後の金利予想:10年債利回りは急落 FRBの動き:議長再任も、変異株の話題がでたの…

【11月15〜19日】米国株式市場の状況とVTIの動き。株価は横ばいで、しばらくはレンジ相場が続きそう。

目次 1.VTIと主要指数の動き:VTIは横ばい、ナスダック強い、NYダウ弱く、ラッセル2000は大幅安 2.VTIのチャート:50日移動平均線から離れ、まだ小休止か。 3.主要指数の予想PER:歴史的には高い水準 4.米国10年債利回り:横ばいで落ち着いている。1年後には…

【11月8〜12日】米国株式市場の状況とVTIの動き。米国経済の強さとインフレ懸念のせめぎ合い。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.VTIのチャート 3.主要指数の予想PER 4.米国10年債利回り 5.FRBの動き 6.経済イベント 7.米国家計の債務返済比率 8.今後の企業業績 9.まとめ:今後の米国経済と株式市場、そしてVTI

【11月1〜5日/米国株式市場の状況とVTIの動き】大幅上昇の米国株。まだ降りるには早く、保有継続がいい。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.VTIのチャート 3.主要指数の予想PER 4.FRBの動き 5.米国10年債利回り 6.経済イベント 7.今後の米国株式市場とVTI

【VTIの動き・10月18〜22日】VTI+1.57%。決算良好で株価大幅高。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.VTIのチャート 3.主要指数の予想PER 4.米国10年債利回り 5.経済イベント 6.今後のVTI 7.関連記事

【VTIの動き・10月11〜15日】VTI+1.92%。良好な銀行決算と小売売上高により、株価は大幅高へ。米国の経済は悪くない。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.VTIのチャート 3.主要指数の予想PER 4.米国10年債利回り 5.経済イベント 6.今後のVTI 7.関連記事

【VTIの動き・10月4〜8日】VTI+0.56%。インフレ圧力・テーパリング開始と経済の好調さの狭間で動く。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.VTIのチャート 3.主要指数の予想PER 4.米国10年債利回り 5.経済イベント 6.今後のVTI

【VTIの動き・9月20〜24日】VTI+0.26%。米国の経済状況は悪くない。中国恒大問題がとりあえず落ち着きを見せ反発。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.VTIのチャート 3.主要指数の予想PER 4.米国10年債利回り 5.経済イベント 6.今後のVTI 7.関連記事

【VTIの動きチェック】9月13〜17日。VTI−0.45%、S&P500−0.47%、NYダウ−0.07%、ナスダック−0.47%、ラッセル2000+0.29%

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.経済イベント 3.気になった個別銘柄 4.主要指数の予想PER 5.米国10年債利回り 6.今後のVTI 7.関連記事

【米国株式市場チェック】9月6~10日。テーパリング開始で株式市場の様相が変わるか?

目次 1.主要指数の動き 2.セクター別パフォーマンス 3.経済イベントなどの影響 4.S&P500の予想PER 5.米国10年債利回り 6.S&P500の日足チャート 7.私の株式市場への考え方 7.関連記事

【VTIの動きチェック8月16〜20日】VTI+0.67%、年初来で20%超え。

目次 1.VTIと主要指数の動き 2.経済イベントなどの影響 3.気になった個別銘柄 4.主要指数の予想PER 5.米国10年債利回り 6.今後のVTI

【米国株チェック8月16〜20日】S&P500−0.59%、NYダウ−1.11%、ナスダック−0.73%、ラッセル2000−2.58%。

目次 1.主要指数パフォーマンス 2.セクター別パフォーマンス 3.主要指数の予想PER 4.米国10年債利回り 5.S&P500の日足チャート 6.NYダウの日足チャート 7.ナスダックの日足チャート 8.ラッセル2000の日足チャート 9.株式市場の状況

【米国株式市場チェック】株価は割高?企業利益は上昇しているので判断は難しい。S&P500予想PERは22.41。

目次 S&P500、ナスダック、NYダウの予想PER:S&P500は22.41 S&P500、ナスダック、NYダウの株価のパフォーマンス:好調な企業業績を背景に上昇 株式市場の状況:PER水準は過去に比べると高い。ただ企業利益の上昇もあるので判断が難しい。株価下落のリスクは…

【米国株動向5月31~6月4日】ZOOMの決算発表、金曜日に雇用統計。

5月31日〜6月4日までの米国株の動向です。 6月1日 5月31日 今週の米国経済指標 今週の決算スケジュール

【米国株1週間】S&P500−1.39%。株価は上下したが、週末は巻き返す。インフレ懸念も一過性か?

先週の米国株の1週間の動きです。S&P500は−1.39%、NYダウは−1.14%、ナスダックは−2.34%でした。先週はアメリカで重要な経済指標の発表が相次ぎ、指標に振られる形で株価も上下しました。現在、雇用統計とともに最も重要視されている経済指標の消費者物価…

【米国株1週間と見通し】金利動向に注目、米国経済好調もインフレ上昇の足音が聞こえる。

米国株の1週間と見通しです。動画でもこの内容が見れます。 【米国株1週間と見通し】金利動向に注目、米国経済好調もインフレ上昇の足音が聞こえる。 株価は少し弱かったが、ほぼ変わらず NYダウ強くナスダック弱い。金利の上昇。 先週の気になった決算発表 …

【米国株1週間】上昇の流れ継続。どこまで行くのかわからないがホールド継続。

先週の米国株は上昇の流れが継続しました。S&P500は1.23%、NYダウは+1.00%、ナスダックは+1.73%上昇しました。株価上昇の流れは継続。ここまで上昇が続くと、今のペースはさすがに上がり過ぎじゃないんだろうかと思いますが、上昇はどこまで続くか分かりませ…

【米国株1週間】大幅高。売らないで良かった。下手に動くと駄目な典型的パターン。

今週の株価は大幅高。 S&P500+4.65%、NYダウ3.89%、ナスダック+6.01%。米国10年債利回りは1.169%と先週に比べ、9.19%高となりました(国債価格は下落)。株は買われ国債は売られる展開でした。 株価上がり過ぎだが嬉しいwww やはり下手に動かないで正解だった…

【米国株1週間】大幅下落。それでも耐える、売るとろくなこと無い。

先週の米国株は大幅に下落しましたね〜。株価は高い高いと思っていましたが、ここにきて一気に調整が入りました。ここまで下がったので、けっこう深刻な調整になるのかなと推測しています。

【米国株1週間】S&P500+1.4%、米国10年債利回り1.0970→1.0910

S&P500+1.4% NYダウ−0.1% ナスダック+3.2% ラッセル2000+0.8% 米国10年債利回り1.0970→1.0910 「株はそのまま」「国債を売り」「現金を少し増やす」

【ユニティ(Unity Software)】株価1週間(市場予測を添えて)。

じっちゃま注目銘柄であるUnitySoftwareの株価が気にって仕方がないまさひろです。ユニティの株価1週間を記事にしました。 株価は調整真っ只中 ホールドOK? まとめ

【米国株1週間】S&P500−0.94%、米国債利回り1.1670→1.0970。

今週の米国株式市場は下落。S&P500はマイナス0.94%、米国債利回りは1.1670→1.0970に下落しました(米国債価格は上昇)。若干のリスクオフの展開です。理由は材料出尽くし感かなと。バイデン次期大統領が追加景気対策を打ち出したこと、FRBのパウエル議長が「…

保有銘柄は著名人に勧められるからではなく、自分が保有に値すると思うから。

納得しないと長期保有は難しい

【米国株1週間とこれから】S&P500+2.02%、金−5.2%、米国債利回り1.1050%

☆目次

【週間米国債】10年債利回りは上昇0.893→0.948。上昇傾向は続くのか。

☆目次 1週間の変化0.893→0.948 こらからの利回りはどうなるのか? 気になる点 チャート

【週間米国債】10年利回りは少し下落0.969→0.893。今週は注目のFRB会合。

☆目次 【1週間の変化:0.969→0.893】 【注目ニュース】 【チャート】 【1週間の変化:0.969→0.893】 今週の米国債利回りは下落。したがって米国債の価格は上昇し、米国債に資金が向かったことになる。S&P500は3699から3663に下落したので、若干のリスクオフ…

米国経済指標:米小売売上高、雇用統計、ISM非製造業総合景況指数(2020年6月済)

☆6月米小売売上高 6月の小売売上高は524.3で、前月比7.5%増でした。この524.3という数値はパンデミック前の数値と同じ規模の数値です。増加の背景には「経済活動が再開されたため」とか「政府による家計への支援があるため」などとニュースでは報道されてい…

VTI、VOO、VYM。どれも素晴らしいETF。

1.個人投資家に魅力のあるVTI、VOO、VYM 2.VTI・VOO・VYMのカテゴリー分け 3.VYMは配当金を重視するならおすすめ 4.高い増配率も魅力 1.個人投資家に魅力のあるVTI、VOO、VYM 私はバンガード社のETFであるVTIを保有しています。数あるETFの中からVTIを選んで…