コアサテライト戦略で運用してみた

時間を味方につける、焦らない。

【12月27〜31日】米国株式市場の状況とVTIの動き。

目次

  • 1.VTIと主要指数の動き:やや上昇
  • 2.VTIのチャート:高値を更新できない状況
  • 3.主要指数の予想PER:歴史的に高い水準が続く
  • 4.米国10年債利回り:FRBの利上げが見込まれる割には上昇しない
  • 5.FRBの動き:特になし
  • 6.経済指標:今週は雇用統計、ISM
  • 7.米国家計の債務返済比率:ここは大丈夫
  • 8.今後の企業EPS:2022年は伸びる予想
  • 9.まとめ:今後の米国経済と株式市場、そしてVTI
続きを読む

【12月20〜23日】米国株式市場の状況とVTIの動き。株価は大幅上昇。年末ラリーに向けてフルインベストメント。

目次

  • 1.VTIと主要指数の動き:堅調、年末ラリーへの入り口。
  • 2.VTIのチャート:50日移動平均線を挟んで急反発
  • 3.主要指数の予想PER:上昇、歴史的にも高い水準。
  • 4.米国10年債利回り:上昇。リスク資産へマネーが流出か。
  • 5.FRBの動き:特になし
  • 6.経済指標:インフレ上昇が継続している
  • 7.米国家計の債務返済比率:ここはまだ大丈夫
  • 8.今後の企業EPS:企業業績は上昇も、株価上昇につながるかは分からない。
  • 9.まとめ:今後の米国経済と株式市場、そしてVTI
続きを読む

【12月13〜17日】米国株式市場の状況とVTIの動き。FOMCを終えVTIは株価下落。希望は見えつつも、下値を固める時期。

目次

  • 1.VTIと主要指数の動き:株価は乱高下し下落
  • 2.VTIのチャート:株価の動きは激しいが、50日移動平均線は意識されている。
  • 3.主要指数の予想PER:PERは低下。ラッセル2000は過去の平均より低い。
  • 4.米国10年債利回り:FRBタカ派姿勢を強めるも利回りは低下。
  • 5.FRBの動き:緩和縮小、利上げへと舵を切る。
  • 6.経済指標:FOMC終了、小売売上高は予想を下回る。
  • 7.米国家計の債務返済比率:これは大丈夫
  • 8.今後の企業EPS:企業利益は順調だが、バリューション調整が心配。
  • 9.まとめ:今後の米国経済と株式市場、そしてVTI
続きを読む

【12月6〜10日】米国株式市場の状況とVTIの動き。株価は上昇するも、一大イベントFOMCを控え注意が必要。

目次

  • 1.VTIと主要指数の動き:株価は大幅上昇、NYダウはダウ強く、ラッセル弱い
  • 2.VTIのチャート:50日移動平均線で反発
  • 3.主要指数の予想PER:過去の平均より高い状況続く
  • 4.米国10年債利回り:1.5%を挟んで動く。金利引き上げが予想される中、低い金利の謎。市場は金利引き上げを意識
  • 5.FRBの動き:FOMC開催。インフレ退治のために予想以上のことをやる可能性に注意。
  • 6.経済指標:消費者物価指数で高いインフレが続いていることが確認された
  • 7.米国家計の債務返済比率:ここはまだ大丈夫
  • 8.今後の企業EPS:企業業績は堅調が予想されている
  • 9.まとめ:今後の米国経済と株式市場、そしてVTI
続きを読む

【12月8日・大型中型小型グロースの定期チェック】小型株、中型小型バリューが強く、大型株、大型中型グロースが比較的に弱い。ゲームチェンジャーは「CPI」「FOMC」「小売売上高」。

  • 12月8日時点の週間パフォーマンス:
  • S&P500のチャート
  • 強い動きの「小型株(ラッセル2000)」のチャート
  • 弱い動きの「大型グロース(MGK)」のチャート
  • 指標や動きなどでゲームチェンジャーになる可能性の出来事
  • 今後どうするか?
続きを読む

【11月29〜12月3日】米国株式市場の状況とVTIの動き。株価急落継続、FRBのタカ派転向とオミクロンで市場は弱気相場。

目次

  • VTIと主要指数の動き:2週続けて2%の下落
  • VTIのチャート:50日移動平均線を下回る
  • 主要指数の予想PER:S&P500 はまだ高いが、ラッセル2000は平均より低い
  • 米国10年債利回りと、半年後1年後の金利予想:10年債利回り急低下、金利予想は2~3回を織り込む。
  • FRBの動き:FRBタカ派転向
  • 経済指標:今回の雇用統計は額面通りに受け取れない。
  • 米国家計の債務返済比率:まだ大丈夫
  • 今後の企業EPS:予想PERは少し増加
  • 今後の米国経済と株式市場、そしてVTI:今週は難しい相場。手を出さないが吉。
続きを読む

【11月22〜26日】米国株式市場の状況とVTIの動き。急落、変異株の詳細が分かるまでは弱い相場が続くか。希望はパウエル発言。

目次

  • VTIと主要指数の動き:株価は大きく下落
  • VTIのチャート:50日移動平均線に向かって下落
  • 主要指数の予想PER:下がるがまだ歴史的には高い
  • 米国10年債利回りと、半年後1年後の金利予想:10年債利回りは急落
  • FRBの動き:議長再任も、変異株の話題がでたので市場運営は難しいものになる
  • 経済指標:インフレ沈静化の兆候?
  • 米国家計の債務返済比率:これはまだ大丈夫
  • 今後の企業EPS:順調に伸びる予想も、変異株次第で変更もある
  • 今後の米国経済と株式市場、そしてVTI:今週は基本弱そうだが、パウエル発言がどうなるか。
続きを読む

【米国株】グロースETFの中で、大型・中型・小型のどれが強いのか?

勢いある銘柄の多い米国のグロース株ですが、ETFで見るといろいろな種類のグロースETFがあります。私がチェックしている主なETFは3つで、大型株グロース、中型株グロース、小型株グロース。この3つ、どれに投資すれば儲かっていたのか?気になったので調べてみました。(調べた日付2021年11月25日)

続きを読む

【11月24日・グロースETFの定期チェック】大型株全般とバリューが強く、小型株全般と中型・小型グロースが弱い。

  • 24日時点の週間パフォーマンス
  • 強い分類のチャート
  • 弱い分類のチャート
  • 今後VTIをどうするか?
  • 分類の乗り換えをどう考えるか
続きを読む

【11月15〜19日】米国株式市場の状況とVTIの動き。株価は横ばいで、しばらくはレンジ相場が続きそう。

目次

  • 1.VTIと主要指数の動き:VTIは横ばい、ナスダック強い、NYダウ弱く、ラッセル2000は大幅安
  • 2.VTIのチャート:50日移動平均線から離れ、まだ小休止か。
  • 3.主要指数の予想PER:歴史的には高い水準
  • 4.米国10年債利回り:横ばいで落ち着いている。1年後には政策金利の1〜2回の引き上げを見込んでいる。
  • 5.FRBの動き:総裁人事はまだ。パウエルさん続投が一番良い。FRB幹部よりタカ派コメント。
  • 6.経済指標:小売売上高は強いも、株価は反応せず。
  • 7.米国家計の債務返済比率:大丈夫な水準
  • 8.今後の企業EPS:2022年も順調に成長する予定。
  • 9.今後の米国経済と株式市場、そしてVTI:
続きを読む